忍者ブログ
主に青森市、平内町の国道4号、国道7号について、道路点検パトロールの結果や道路管理の出来事について、日誌形式で綴っていきます。 5月はなんと言ってもGW。道路を利用される皆さまも増えることと思いますので、より安全に走行できるよう努めていきます。
[13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【維持工事】
 道路を常時維持していくために、日常的な維持修繕や緊急時の工事を担当する、道路維持工事を単年度契約で毎年発注している。その年度毎に受注契約を交わした会社を維持業者と言う。何度か経験を積んだ維持工事担当者達は、地域に根ざしていることもありその知識・経験は非常に頼りになる。

【不法占用】
 「占用」とは、道路に工作物や施設等を設け、継続して道路を使用することを言う。占用には道路管理者の許可が必要であるが、許可を受けず無断で使用することを「不法占用」と言う。道路へ勝手に看板を立てたり、店舗を出したりすると「不法占用」にあたる。ただし、強制撤去する権限はなく(行政代執行という手続きもあるが時間が掛かり簡単には摘要できない)、季節物の路上販売等に関しては指導に留まってしまうことが残念。
選挙時期の不法占用看板も非常に多い。

【落下物】
 道路上に落ちているもの。道路上には全くなにも障害物がない状態が基本であるが、道路利用者によって様々なものが落とされていく。車両部品や土砂、木材はもちろんのこと、事故車両による破片やオイル等も含まれる。意外なものでは引っ越しシーズンの畳やタンス、運送車両の落としたサカナ等・・・・・・なお、橋の上の道路脇で靴を拾うことだけはしたくないです。命は大事にしてください。

【ロードキル】
 道路上には車両に轢かれた動物の死骸がたびたび放置される。これら動物が轢かれて死亡することをロードキルと言う。青森市久栗坂近辺には「カモシカ注意」の古い標識があるが、近年ではあまりカモシカの死骸には遭遇しない。青国管内では山間部や平内方面ではタヌキ、その他はイヌ、ネコ、カラスが顕著。
 死骸の処理についてはゴミ扱いとなり、こちらで勝手に“埋葬”は出来ない。そのため、清掃局に依頼して回収してもらうことになっているが・・・地域によっては対応が違うのが辛いところ。

【デリネーター】
 道路脇にある白い円筒形のポール。高さ80cm程で反射鏡がついている。最近では景観色で茶色系のものもある。道路付属物では一番壊れやすいのではないだろうか。

【ビオトープ】
 野生生物の生息空間を人工的に再現したもの。青森環状道路には戸山地区に、道路建設の際に保護したメダカを放流した人工池を中心とした、「メダカ郷和国」があり、 ここも毎日のパトロール対象である。郷和国住民はメダカやモツゴ、ツチガエルや各種水棲昆虫など。最近ではナマズやネズミも発見されているが一番の住民は見学に訪れる老若男女かも。
 なお、最近メダカのぼりが設置されて、ヌシとされている?

PR
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
青森国道
HP:
性別:
非公開
職業:
道路管理
趣味:
地域密着
自己紹介:
※ブログサーバー元の広告先リンクが最末に出ますが、当サイトはいかなる営利サイトに対しても国として保障しているものではありません。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]